Cws

Rocketman観てきました。音楽満載で相当良い映画でしたよ。

エルトンジョンの相方バーニートーピンなる男、イケメンなり。
名前はもちろん知ってはいたけど、表に出ない人だと思っていたし、お姿がまさかこんなにミュージシャン然とした人だとは。
あとで知りましたが、ソロアルバムを何枚かだしているということで、早速中古屋で見つけて購入。


このアルバムにはElton Johnもゲストボーカルとしてクレジットされています。
そしてElectric Guitar, Acoustic GuitarにRichie Zitoという名前が。もしかしてあのEnuff Z’nuff名盤『Animals With Human Intelligence』を手がけたRichie Zitoですかい?
ちなみに、Bernie TaupinHeart「These Dreams」スターシップ「シスコはロックシティ」の作詞なども手がけているそうな。

Elton Johnのアルバムの中でリアルタイムで最初に聴いたのは、アルバム『TOO LOW FOR ZERO』。映画でも最後にかかる強力なあの曲が収録されています♪

他に私がよく聴いていたのは邪道ですがアルバム『Two Rooms』
Eric ClaptonKate Bushなどの大物アーチストが花を添えています。やっぱり曲が良いんだな。

本題に戻ると…
映画の中で流れてきた、こ、この曲は…!!
この曲を聴いた途端、映画に集中出来なくなりました。いろんなことが頭ん中をグルグルと。なんでやろ?^^;

大抵のエルトンの曲は知っていたつもりでしたが、この曲は知りませんでしたね。
自分の中ではなぜかこの曲が流れていた時間が一つのハイライトになっちゃいました。
もちろん『Your Song』『Tiny Dancer』なども見どころの一つになっています。

もう一度くらい映画館でこの映画を観てみたい。変な邪心を捨ててね^^;