新年復活ライブを敢行したドニさんですが…、

ここにきてメディアに対し長文でズナフとの関係を赤裸々に告白したり、自身のFB投稿を全て白紙にしたりと…、情緒不安定なんでしょうか。
音楽に対して(だけw)はプロフェッショナルなドニさんのこと、ライブが思った出来ではなかったのか。またその反動なのか。
う〜ん、心配だ。

今の”ズナフ”は新譜からもわかるようにCの音楽性が前面に出た単調(もちろん褒め言葉)で浮遊感がありかつカチッとした音楽をやっています。破天荒で何が飛び出すかわからないドニさんがいた時のようなハラハラドキドキ感はありません。
対するドニさんは以前の音楽性からは変わったとはいえイナフズナフの音楽像を引き継いでいるのは間違いなくドニさんのほうです。

それなのに過去のバンドにいまだに言及しているのは、今まで作ってきた曲に対しての自負があり、かつそこに対しての見返りがないからなんだろうけど、それに対して元バンド連中は何もコメントを発していません。(少し前にズナフに加入(出戻り)したアレックスは、売れる前の旧バンドメンバーなのでしがらみが少ないのもあってかドニさんのFBで時々コメントしてくれています。Thanx!
ズナフ側にも過去の経緯があって色々言い分があるんだろうけど、ひたすら無視を続けているのは大人と見る向きがある反面、言い返せない部分もあるんだろうな〜と思ってしまいます。
アレックスズナフ以外にもバンドShark Island他で活動しているようなので、もう一つの副業としてドニさんを外に連れ出してくれたらいい気分転換になってくれるのになぁ。

ドニさんは今回のメンバーで3月までに数回ライブを行うようです。(このコメントも消えちゃったけど。)
思う方向でいってくれればいいけど、パーマネントのバンドメンバーと違って所詮周りを固めるのが請負メンバーなので、張り合いがない部分がドニさんを情緒不安定にさせているのかもしれんなぁというのが個人的な勝手な感想です。
思い過ごしだといいんだけど。
(映画Bohemian Rhapsodyのソロ転換した時のフレディマーキュリーみたいな心境か。)

Donnie Vie reveals dispute over Chip Z’Nuff trademarking Enuff Z’Nuff name entering “another process”

Donnie Vie at Sound Matters‘ website.

Donnie Vie apologizes for “losing it” and “ripping up” his former Enuff Z’Nuff bandmate Chip Z’Nuff again



↑このツイートのリンク先はすっぱり消されちゃいましたな。