ボーナストラック収録リマスター盤!発売中!

Strength 1991年発売

 

全14曲という大作。デビューアルバムよりも深みが増した本作は1曲1曲の表情が際立っており、アルバムとしてのバランスも最高、一気に聴くことができます。

ライブでも定番の「Heaven Or Hell」や「Baby Loves You」、パンチの利いた「In Crowd」、シングルカットされた「Mother’s Eyes」、アコースティックで演奏されることの多い「Blue Island」、ギターのデレクのおとうさんのバイオリン(デレクのうねうねギターはおとうさんの影響だな)が絶妙な味を出している「Strength」、絶品バラードの「Goodbye」、陰のある感じが良い「Hollywood Ya」、ロックしている「The World Is A Gutter」、1曲2分足らずと一気に聴かせる「Long Way To Go」、Paul GilbertやWildheatsにもカバーされた「Time To Let You Go」など良曲多し。名曲が多すぎるんだな。

Strength
収録曲(コンポーザー)
1.Heaven or Hell(Donnie Vie)3:45
2.Missing You(Donnie Vie)5:10
3.Strength(John P. Kee / Donnie Vie)5:02
4.In Crowd(Donnie Vie / Chip Znuff)3:08
5.Holly Wood Ya(Donnie Vie)3:06
6.The World Is a Gutter(Donnie Vie)3:52
7.Goodbye(Donnie Vie / Chip Znuff)4:26
8.Long Way to Go(Donnie Vie)1:53
9.Mother’s Eyes(Derek Frigo / Donnie Vie)4:37
10.Baby Loves You(Donnie Vie / Chip Znuff)4:07
11.Blue Island(Donnie Vie)4:45
12.The Way Home/Coming Home5:36
13.Something for Free(Donnie Vie)5:31
14.Time to Let You Go(Donnie Vie)2:56
ほとんどドニーが作って歌っていることがわかります。なんて天才!

当時のインタビューで、「逆さになって歌ったりといろんな声を試した」って言っていましたが、そういうバリエーションが豊かなこともあってか全然飽きない。
このアルバムが一番というファンが多いのもうなずけます。

ちなみにデビュー当時のケバい恰好は2ndでは控えめになりました。

作ってみました。お気に入りの曲があれば、是非投票を^^/