名盤『Strength』に続く3枚目『Animals With Human Intelligence』。
複数のプロデューサーが関わっていることもありアルバム全体のまとまりには若干欠けるものの、このアルバムの強みは何と言ってもキラーチューンが多いこと。特にチープ・トリック、ラット、ポイズンなどのプロデュースで知られるリッチー・ズィトー(Richie Zito)をプロデューサーに迎えた4曲(”Right By Your Side””These Daze””Innocence””One Step Closer to You” )と、Bonus Trackである「Fingertips」(これもリッチー・ズィトーのプロデュースだったはず)は絶品。
曲の良さは来日時のアコースティックでのシンプルな演奏で際立っているのが分かります。
初めてEnuff Z’nuffを聴くにはこのアルバムからが良いかも。

2017年08月18日FM802 RockOn夏の恒例オ〜ルリクエスト大会で伊藤政則氏がズナフを語っています。

ドラムのVik Foxxがアルバム発売前にVince Neilに引き抜かれ脱退したため、アルバムカバーには3人しか映っていませんが、Vikもアルバムの制作には関わっています。(結果的にHanoi Rocksを解散に追い込み、Enuff Z’nuffの勢いも削いだにっくきヴィンス。コノヤロめ!)

Animals With Human Intelligence
収録曲(コンポーザー)
1.Superstitious(Donnie Vie / Chip Znuff)4:10
2.Black Rain(Donnie Vie / Chip Znuff)3:49
3.Right by Your Side(Donnie Vie)4:29
4.These Daze(Donnie Vie / Chip Znuff)3:52
5.Master of Pain(Donnie Vie / Chip Znuff)4:25
6.Innocence(Donnie Vie)4:45
7.Takin’ a Ride(Donnie Vie / Chip Znuff)3:39
8.The Love Train(Donnie Vie / Chip Znuff)3:53
9.One Step Closer to You(Donnie Vie / Chip Znuff)4:10
10.Bring It on Home(Donnie Vie / Chip Znuff)3:47
11.Mary Ann Lost Her Baby(Donnie Vie / Chip Znuff)4:02
12.Rock N World(Donnie Vie / Chip Znuff)3:21
13.Fingertips3:50

なお、このアルバムには、当初発売されていたARISTA盤と後に発売されたSPITFIRE盤の2種類あります。
曲によってはバージョンが若干違うようなので、購入する際は注意が必要。

こっちがSPITFIRE盤ジャケット。
B00004YX2Z.01.LZZZZZZZ

以下に、アルバム関連動画、音源をあげておきますので参考に。
こちらは、アメリカでのテレビ収録での模様のようで、アルバム1曲目を飾る「Superstitious」をやっています。番組お抱えバンドと合わせて7人で演奏していますが、メンバーはそのうちの3人です。

上記の動画ではVikkiはいませんでしたが、同じ収録と思われるYoutubeにある「Baby Loves You」(2nd収録曲)ではなぜかギターを持って参加しています。(こっちの動画は埋め込みできない^^;)

作ってみました。お気に入りの曲があれば、是非投票を^^/