新生イナフズナフの新譜『Diamond Boy』(2018)聴いたよ

Enuff Z'nuff(w/o DV)
Enuff Z'nuff(w/o DV)

ようやく聴きましたよ。
配信の試聴はしていましたが、ちゃんと聴くのは注文したレコードが届いてからと決めていましたので。

IMG_2872
Enuff Z’nuff 『Diamond Boy』
01. Transcendence
02. Diamond Boy
03. Where Did You Go
04. We’re All The Same
05. Fire & Ice
06. Down On Luck
07. Metalheart
08. Love Is On The Line
09. Faith, Hope & Luv
10. Dopesick
11. Imaginary Man

界隈のツイートでもあるように”いろいろとイロイロ”ですが^^;(後述)、今まで消え入りそうな活動にしか見えなかったバンドが生き返った感あり、次につながるアルバムだと思います。Frontier Recordsに感謝。プロモーションもちゃんとしている(チップがツイートしまくっているだけ?)し、今のメンバーなら大丈夫でしょう。(日本ではなかなかラジオでかからんね?セーソクさん♪)

一聴した時にはギターのゴリゴリ感が凄いなと思ったがすぐ慣れました。
それよりも聴くほどに耳につくメロディーだったりメランコリックさだったりが勝っているのがよい。チップのベースラインが目立っているのもいい。これ、好物ですな。
チップ特有の単調さが良い方向で薄らいでいるのもいいね。ソロんときよりメリハリがありポップでわかりやすい。ソロの時はどんだけ同じメロディーばっか繰り返すねんって感じのものもあったもんね。ゆったり目の同じ曲調のもの多かったし。
周囲を”ギャフン”と言わせるくらいのものにはなっていると思います^^/

それにしても今回は初めてドニーさんが全く関わらない作品のため、このアルバムが決別表明のようでつらい…。

写真にあるように今回はレコードで購入しましたよ。
Gatefoldなので、シュリンクをはがさないと中が見えない(よね?)。レコード取り出しただけで中は見れないまま…^^;クレジットはどうなっているんだろ?(特に噂の8曲目。)
B面トップが先行配信で聴き慣れた「Metalheart」っていうのはB面に入っていきやすいなと思ったね。A面最後のゆったり目の曲「Down On Luck」で終わっていく感じもいい。レコード時代はそういう感覚やったんやね。

新譜発売前のぶるるん!にはCD評しか載っていませんでしたが、次号にはインタビュー載るのでしょうか?個人的には新メンバー、トニーさん(ネットみるとTony Fennel、Tony Fennell、Tony Fenelle、どれが本当??Official SiteではTony Fennell表記。)のインタビューを読みたい。
このトニーフェンネルさん、これまで以下クレジットで名前が出てきています。メンバーになる前から関係があったりします。

・アルバム『Covered In Gold』(2014)の「Believe It Or Not」、「The Stroke」でProducerとしてクレジット。
・チップのソロアルバム『Strange Time』(2015)のPV「Hello to the Drugs」のRemixにクレジット。
・アルバム『Clowns Lounge』(2016)でギター、ボーカルで参加。また、シングル「Dog On A Bone」のコンポーザーとしてクレジット。

純粋な新作の発表などバンドが好転してきたのが、モナコが抜けてチップがボーカルになってから、というよりもトニーがバンドに加入したからというのが大きいんじゃないかと勝手に思っているので、是非インタビューを読みたいですね。ぶるるん!さん、お願い。


〜追記 20180819〜
CD裏ジャケがネットに落ちていたので載っけておきますね。
プロデュースも曲作りもバンド全体が関わっていますね。また、4曲目にはチップのカミさんがクレジットされていますな。
11曲目は誰に捧げているのかな?
image

.

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
11曲目は誰に捧げているのか…などなど、このあたりのことについて思いの丈を追記に追記を重ねながら書き殴っておりましたが^^;、削除しました。忘れた頃に復活させるかな。

タイトルとURLをコピーしました